FC2ブログ

競走馬にも種馬にもなれない丙午が余生を田舎でのんびり楽しく暮らす様子を紹介します。

  丙午の当馬人生のナビゲーター   トップページ > 暴れ馬の日記 > 映画「同胞(はらから)」  

映画「同胞(はらから)」

2012 - 02/13 [Mon] - 18:52

社会教育関係集会の2日目(2/11)、
映画「同胞」を鑑賞しました。

昭和50年の作品で、
松尾村の青年会が統一劇場という劇団の
演劇公演をするというお話です。
あの山田洋次監督の作品です。
RIMG0276_20120212093220.jpg
松尾村の青年会長は寺尾聰さんです。
(ルビーの指輪の前だったんですね・・・。)
RIMG0285_20120212093241.jpg
松尾村の青年会の会員も10数名出演しています。
その一人工藤金子さんのお話を研究集会ではお聞きしました。
(映画出演同時↑、現在↓)
工藤さんは松尾村(現八幡平市)で
当時の記録を残す活動をするために
同胞塾を主宰されているそうです。
RIMG0288_20120212093252.jpg
青年団のお話なので
昭和の世代に活動した青年団員は
みたことがあると思います。
私も過去3回くらい見ていますが、
21世紀になってからは初めてでした。
各地の青年団の消滅をいつも憂慮しているので
久しぶりにみると感動しますね。
思わず「文化財級だ!」と思ってしまいました。
なお以前にはあまり感じませんでしたが
出演者が地元の青年団員かどうか、
言葉を聞くとはっきりわかりました。(笑)
RIMG0289_20120212093306.jpg
青年団が劇団を呼んで感動を巻き起こすというのは
なかなか起こり得ないというか、
起こすのが難しい時代になりましたが、
社会教育とか青年教育(←死語かもしれません)の
原点があるような気がします。
この映画がいろいろな場面で活用されることを
期待したいと思います。

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://songpuliming.blog123.fc2.com/tb.php/1040-c4a1206d

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

北の暴れ馬

Author:北の暴れ馬
FC2ブログへようこそ!
岩手県葛巻町在住。青年団の行く末を案じながら、マラソンに挑戦するも、体調不良で思うように身体が動かず・・・。健康と引き換えに飲みにケーションの機会増加中。

ブロとも申請フォーム

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ようこそ!お越しくださいました

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

リンク

FC2ブログランキング

よろしければクリックお願いします

いい出会いがありますように!

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-