FC2ブログ

競走馬にも種馬にもなれない丙午が余生を田舎でのんびり楽しく暮らす様子を紹介します。

  丙午の当馬人生のナビゲーター   トップページ > 暴れ馬の日記 > 北海道・東北 「方言」から見える県民性の謎  

北海道・東北 「方言」から見える県民性の謎

2014 - 07/21 [Mon] - 21:48

この本、千歳空港で買った本です。
やっと読み終わりました。
北海道と東北六県の方言が解説されてました。
普段は葛巻弁を使っているわけですが、
本で解説されている岩手弁より、
北海道弁や青森弁の方がわかるような気がしました。
秋田弁、宮城弁、山形弁、福島弁の順で
わからない単語が増えました。

↓本の「このぼっこすこたまさがしいべ」
秋田弁なんですが、
「この子ども、すごく賢い(頭がいい)」
とうのは、私でもすぐにわかります。
葛巻弁だと
「このおぼこすこたまさがすー」となるでしょうか。
CIMG5113 (640x480)
青年団活動を長くやったおかげで、
岩手弁もだいたい言葉のイントネーションで
どこら辺の人かわかるようになりましたし、
東北弁もだいたいどこの県の言葉かわかるようになりました。
本では、仙台の人は共通語を話せるとありましたが、
仙台の独特のイントネーション、
すぐにわかりますよね。
仕事関係でも、仙台の会社・営業所・事務所から
来た人って、すぐわかります。
共通語だと思って話しているのでしょうか?
仙台弁だと思って話しているのでしょうか?
不思議に思うことがあります。

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://songpuliming.blog123.fc2.com/tb.php/1961-4ff5b9c9

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

北の暴れ馬

Author:北の暴れ馬
FC2ブログへようこそ!
岩手県葛巻町在住。青年団の行く末を案じながら、マラソンに挑戦するも、体調不良で思うように身体が動かず・・・。健康と引き換えに飲みにケーションの機会増加中。

ブロとも申請フォーム

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ようこそ!お越しくださいました

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

リンク

FC2ブログランキング

よろしければクリックお願いします

いい出会いがありますように!

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-