FC2ブログ

競走馬にも種馬にもなれない丙午が余生を田舎でのんびり楽しく暮らす様子を紹介します。

  丙午の当馬人生のナビゲーター   トップページ > 暴れ馬の日記 > 熱く生きる(天野篤)  

熱く生きる(天野篤)

2014 - 07/22 [Tue] - 22:55

天皇陛下の執刀医である
順天堂大学医学部教授の天野篤医師、
NHKのプロフェッショナルで大反響があった方です。

「医療の恩恵を受けていて医師になろうという思いがある」
「自分のあと先を考えることなく患者さんを治療しよう、という情熱がある」
こういう人じゃないと医師になってはいけない。
プライベートを優先させる人も医師になってはいけない。
ということだそうだ。
それ以外にもいろいろ医師に必要な心構えを書いていました。

さらには、すべての仕事は、世の中に役に立ってこそ価値がある、
というので、
自分は社会のために役に立とうと思って仕事をしているのだろうか???
と、ドキッとさせられました。
お勧めの本です。
CIMG5114 (640x480)
ところで、帯には
「偏差値50」からの闘う人生哲学、とありますが、
そもそも県立浦和高校出身、
盛岡第一高校の何倍も東大に合格する高校、
地頭は相当いいのだと思います。

スポンサーサイト



吉田電車さん、コメントありがとうございます。
結果論として役に立っていれば良い
というのはそのとおりで
私もそう思います。
しかし、この本から感じたのは、
結果論ではなく、
そもそも人の役に立とうという志をもって
ものごとに対処しましょう!
というより積極的な行動であります。
とすれば、
私はまだまだだと思った次第です。

たとえば
火薬を発明した人は何を目的に火薬をつくったのか?
戦争の道具だったかもしれないし、
トンネルを掘るためだったかもしれません。
あるいは、きれいな花火を見たいために火薬を作ったのかもしれないし。
動機は不純でも、結果的に人の役に立つことがあってもいいと思うのです。
私のような人間でも、めぐりめぐって誰かの役に立っている、そう思いたいものです。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://songpuliming.blog123.fc2.com/tb.php/1962-bd8afca3

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

北の暴れ馬

Author:北の暴れ馬
FC2ブログへようこそ!
岩手県葛巻町在住。青年団の行く末を案じながら、マラソンに挑戦するも、体調不良で思うように身体が動かず・・・。健康と引き換えに飲みにケーションの機会増加中。

ブロとも申請フォーム

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ようこそ!お越しくださいました

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

リンク

FC2ブログランキング

よろしければクリックお願いします

いい出会いがありますように!

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-