FC2ブログ

競走馬にも種馬にもなれない丙午が余生を田舎でのんびり楽しく暮らす様子を紹介します。

  丙午の当馬人生のナビゲーター   トップページ > 暴れ馬の日記 > 江刈第41地割フカ子  

江刈第41地割フカ子

2020 - 04/14 [Tue] - 20:00

江刈第41地割にフカ子という字(あざ)があって、
登記簿上、江刈第41地割字フカ子〇〇ー〇〇となる訳ですが、
長年、「フカ子」の読み方と意味が謎でした。
3月の農業委員会総会に出席したら、
事務局長が「ふかね」と読んでいました。
この4月から農業委員会の仕事もすることになったので
まず、どう読むのが正しいのか役場の各部署から聞いてみました。
K課では「ふかこ」が正しいと言いました。
J課でも「ふかこ」だと言いました。
腑に落ちず、この際、詳しく調査することにしました。

西里の元JA職員に確認したところ、
その方はわからなかったのですが、
地域の長老の方から聞いてくださいました。

昔、馬淵川の、今、森林組合の炭焼き小屋のところの橋の下流に
大きなふち(渕と思われる)があって、
そこを「ふかね」と呼んでいたそうです。
それでその周辺を「ふかね」と呼んでいたということでした。
したがって、「フカ子」は「ふかね」と読むのが正しいようです。
しかし、なぜ、「子」なんでしょうね。
十二支の一番最初の「子」なんですが、
渕を指すのに「子」の字をつかうのななぜでしょう???
わかる方、いらっしゃいましたら教えてください。

この付近に「ふかね」と呼ばれる渕があったようです。↓
IMG_8740_2020041321094272f.jpg
その上流です。↓
江刈村では、昭和20~30年代に
中野清見村長(のちの一戸町長)の
おかげで立派な堤防整備されました。
IMG_8743_20200413210943546.jpg





スポンサーサイト



ふさえ様、コメントありがとうございます。
また、いつもブログをご覧くださっているとのこと、
重ねてお礼申し上げます。
葛巻町では、居住地示す住所は、字を省略するので
字を知らない人がほとんどだと思います。
土地を登記するときなどに登記簿謄本をみて
初めて字があることを知るので、
「フカ子」も知る人がいなくなるかもしれません。
正しく継承することが重要だとだと思って
このブログに取り上げた次第です。
今後ともよろしくお願い申し上げます。


いつも読ませてもらっています。
盛岡出身の父は護岸工事で江刈村を訪れ、母と出会い、のちに結婚しました。
母は10代の頃中野清見村長にお世話になりました(役場の中の簡易郵便局に勤めていたそうです)。
「ふか子」の件、機会があれば江刈の親戚に訊いてみますね。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://songpuliming.blog123.fc2.com/tb.php/3592-12b2995a

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

北の暴れ馬

Author:北の暴れ馬
FC2ブログへようこそ!
岩手県葛巻町在住。青年団の行く末を案じながら、マラソンに挑戦するも、体調不良で思うように身体が動かず・・・。健康と引き換えに飲みにケーションの機会増加中。

ブロとも申請フォーム

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ようこそ!お越しくださいました

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

リンク

FC2ブログランキング

よろしければクリックお願いします

いい出会いがありますように!

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-