FC2ブログ

競走馬にも種馬にもなれない丙午が余生を田舎でのんびり楽しく暮らす様子を紹介します。

  丙午の当馬人生のナビゲーター   トップページ > 東日本大震災 > 停電の時に役に立ったもの  

停電の時に役に立ったもの

2011 - 03/23 [Wed] - 18:37

葛巻(の中心部)では3月11日午後2時46分から
3月12日午後9時10分頃まで停電になりましたが、
これほどの停電は今の住宅では初めてでした。

そのとき役に立ったものはいろいろありますが、
やっぱり普段から災害用品はそろえておくべきだと思いました。
(自分はあまり用意しておりませんでしたので・・・。)

ローソクです。↓
(仏壇のある家ではまず心配ないでしょうが・・・。)
RIMG0419_20110323182049.jpg
薪ストーブです↓
停電でも普段通り働いてくれました。
(ずっと半そで短パンでした・・・。)
RIMG0423.jpg
そして、これが便利でした。↓
「携帯電話充電機能付き手動電源ラジオ」
と言えばいいのでしょうか。
電池がなくてもラジオが聴けます。
携帯電話の充電もできるのですが、
相当長い時間やらないとダメのようです。
RIMG0425_20110323182116.jpg
これから少しずつでも防災グッズと揃えよう
と思った今回の停電でした。

スポンサーサイト



森の水車さん、コメントありがとうございます。
確かに水車があるということは
災害時(洪水以外)には便利ですよね。
しかも、そばは特産品で、
なくなることはないでしょう。
やはり田舎暮らしもすばらしい、
こういうときに見直されるべきだと思います。

我が家には玄米と味噌があったので、
あまり心配はしなかったのですが、
「少しの野菜」がなかったように思います。
やっぱり漬け物づくりでも
始めた方が良いでしょうか・・・。

北の暴れ馬 さん

直接使うまでには到らなかったのですが、心の支えになったものに
水車があります。

停電で、スーパーの棚からお米が消え、パンが消え、カップメンが
消え・・・・・・・・

のときに
「玄蕎麦はある。水車は電気が無くても回る。そばを食っても生きていける」
と、買い急ぎすることは必要ないことを説いておりました。

森の水車さん、コメントありがとうございます。
現代社会は電気に依存しているので
停電のときには本当に苦労しますね。

森の水車さんが太陽光発電を
設置させているとは知りませんでした。
しかも、太陽光発電は売電だけだと
思っていたら直接接続できるとは
これも知りませんでした。

ちょっといいなあ、と思ってしまいました・・・。

現実的には発電機を準備するなど、
やっぱり何か対策が必要かなあ、などと
昨年からいろいろな災害が続いたので
考えてしまいます。
(こんな災害の多い年度も珍しいでしょうが・・・。)

停電のとき役に立ったもの

森の水車の場合
 ろうそく、仏壇用を多く使いましたが、キャンドルナイトで使った残りの
 キャンドルが倒れにくいので、余震のなか安心でした。

 オンドル、床暖房なので電気が無くてもこたつが暖かい。
 毛布をかぶって寝ていると下から暖かい。
 熱源が薪なので停電でも大丈夫。

 太陽光発電、かつての黒いダイヤル電話と違って我が家の電話は電気が無 いと使えない。太陽光発電の電気で電話や携帯の充電、パソコンをやってま した。日中はインターネットで情報が得られました。(携帯は契約していなかっ たことを反省)
 月光発電があったら夜も???(笑)

 プロパンガス、カセット式ではなく、ガスボンベからホースでコンロにガスを送 る重宝でした。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://songpuliming.blog123.fc2.com/tb.php/702-509ffe30

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

北の暴れ馬

Author:北の暴れ馬
FC2ブログへようこそ!
岩手県葛巻町在住。青年団の行く末を案じながら、マラソンに挑戦するも、体調不良で思うように身体が動かず・・・。健康と引き換えに飲みにケーションの機会増加中。

ブロとも申請フォーム

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ようこそ!お越しくださいました

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

リンク

FC2ブログランキング

よろしければクリックお願いします

いい出会いがありますように!

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-