FC2ブログ

競走馬にも種馬にもなれない丙午が余生を田舎でのんびり楽しく暮らす様子を紹介します。

  丙午の当馬人生のナビゲーター   トップページ > 暴れ馬の日記 > 義援金と義捐金  

義援金と義捐金

2011 - 04/01 [Fri] - 18:00

今、世の中では義援金の呼びかけが行われていますが、
よく観察していると「義捐金」という表記が見られます。
どう違うのでしょうか???
というのは、日本青年団協議会では、
以前から一貫して「義捐金」と表記しているからです。

そこで調べたことがあります。
本来、義捐金が正しく、
明治時代に作られた和製漢語です。

戦後、「損」という字が当用漢字(今が常用漢字)に
採用されなかったため、メディア(新聞など)が
援という字をあてて、「義援金」としたそうです。
(つまり戦前は義捐金という表記しかなかった。)

捐というのは捨てるという意味があるので
「義のために捨てるお金」という意味らしいです。
役所では「出損金(しゅつえんきん)」というのがあります。

「援」は、援助とか支援という言葉で使われていたので
それをメディア(新聞協会など)があてたのでしょう。
(援助、支援は上から目線なので好ましくない
 と思う人もるようですが・・・。)

メディアが「義援金」を採用した以上、
それが当たり前になるのが世の中ですが、
本来は「義捐金」だということを覚えておきたいものです。

スポンサーサイト



森の水車さん、コメントありがとうございます。
私も昔に比べて言葉にこだわるようなりました。
地方公務員として実力が向上したのだ、
などと勝手にいい気になっている一方、
言葉は時代によって変わるので、
それに対応するの柔軟さが地方公務員には必要である、
などとも思うようになりました。(笑)

最近、「義捐金」を使ったら読んでもらえず、
間違いではないのだが、一般的ではないかもしれないので、
「義援金」でもいいよと直しました。(笑)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://songpuliming.blog123.fc2.com/tb.php/711-cab6c6cf

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

北の暴れ馬

Author:北の暴れ馬
FC2ブログへようこそ!
岩手県葛巻町在住。青年団の行く末を案じながら、マラソンに挑戦するも、体調不良で思うように身体が動かず・・・。健康と引き換えに飲みにケーションの機会増加中。

ブロとも申請フォーム

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ようこそ!お越しくださいました

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

リンク

FC2ブログランキング

よろしければクリックお願いします

いい出会いがありますように!

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-