FC2ブログ

競走馬にも種馬にもなれない丙午が余生を田舎でのんびり楽しく暮らす様子を紹介します。

  丙午の当馬人生のナビゲーター   トップページ > 葛巻の風景 > 馬淵川の伝説  

馬淵川の伝説

2011 - 08/19 [Fri] - 18:44

袖山高原には馬淵川の源流があります。
馬淵川は青森県八戸市で太平洋に注いでいます。
お盆に行ったときは、
やや水量が少なくなっていました。
周りが牧場なので保水力もないので仕方ないでしょう。
RIMG1059.jpg
さて、ここに「馬淵川の伝説」という看板がありました。
要約すると
畑地区の伝二という若者が小夜という嫁をもらった。
ところが小夜はこんな田舎は嫌だと言って実家に帰ってしまった。
それから伝二は殿様(八戸か?)の馬係になった。
そのとき殿様に仕えていたさざ波と良い関係になった。
伝二はさざ波を畑の実家につれた帰ったら小夜が戻っていた。
小夜は嫉妬して伝二がいない間にさざ波を殺した。
愛馬が伝二を川の上流の淵に案内したらさざ波が見えた。
伝二はさざ波を追って淵に飛び込んだ。
愛馬は家に戻って小夜を蹴って殺してから
自分も淵に飛び込んだ。
それから「馬淵川」と呼ばれるようになった。
RIMG1060.jpg
伝説があるということは知っていましたが
詳しく知ったのは社会人になってからでした。
こういうのを紙芝居だとか
人形劇にすれば面白いだろうなあ
と思ったことがありますが、
この伝説は「恋愛のもつれによる殺人事件」であり
ここから社会の教訓だとか
人間の道徳・生き方を訴えるように作品に作るのは
かなり難しい内容だなあ、と思ったものです。
馬の忠誠心のようなものはありますが・・・。

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://songpuliming.blog123.fc2.com/tb.php/855-f5cc6346

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

北の暴れ馬

Author:北の暴れ馬
FC2ブログへようこそ!
岩手県葛巻町在住。青年団の行く末を案じながら、マラソンに挑戦するも、体調不良で思うように身体が動かず・・・。健康と引き換えに飲みにケーションの機会増加中。

ブロとも申請フォーム

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ようこそ!お越しくださいました

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

リンク

FC2ブログランキング

よろしければクリックお願いします

いい出会いがありますように!

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-