FC2ブログ

競走馬にも種馬にもなれない丙午が余生を田舎でのんびり楽しく暮らす様子を紹介します。

  丙午の当馬人生のナビゲーター   トップページ > 暴れ馬の日記 > 国境峠の読み方  

国境峠の読み方

2011 - 11/20 [Sun] - 18:27

葛巻町から国道340号で岩泉町に越えるとき
必ず通るのが「国境峠」です。

この「国境」は、「くざかい」と読みます。
「くにざかい」ではありません。

そもそも九戸郡と下閉伊郡の境なので
国境(くにさかい)の意味なのでしょうが
読み方は、「くざかい」です。

昔、「くざかい」と読むと
盛岡と川井の境にある「区界」と
間違っていると思われたものです。

今は廃校となった馬淵小学校の校歌も
「くざかい」となっていました。

せめて、葛巻の皆様からは
「くざかい」と読んで欲しいものです。
RIMG0386.jpg
先日、宮古マラソンに行ったとき
国境峠から下閉伊郡方面を望むと
朝日がとてもきれいでした。↑
思わずシャッターを・・・。

スポンサーサイト



森の水車さん、コメントありがとうございます。
そして、ボランティアご苦労様でございます。
震災ボランティアはしばらく行っていないので
継続的な支援に敬意を表します。
私は中心部に移住してから
国境峠を越える機会が減りました・・・。

きょう、その国境峠を越えて、宮古市赤前小学校へ
炊き出しボランティアに行ってきました。

明日も国境峠を越えて、釜石市「鵜!はまなす商店街」へ
炊き出しです。

今年は、国境峠を越える機会が多いです。

森の水車さん、コメントありがとうございます。
確かに盛岡藩と八戸藩の境ですね。
(そこまでは気付きませんでした。)
ちなみに馬淵小学校の校歌は
近藤新吉先生の作詞作曲だったと思います。

国境峠、馬渕小学校の校歌に歌われているのは知りませんでした。

盛岡藩と八戸藩の藩境からきているのかも知れませんね。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://songpuliming.blog123.fc2.com/tb.php/952-597d7dcd

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

北の暴れ馬

Author:北の暴れ馬
FC2ブログへようこそ!
岩手県葛巻町在住。青年団の行く末を案じながら、マラソンに挑戦するも、体調不良で思うように身体が動かず・・・。健康と引き換えに飲みにケーションの機会増加中。

ブロとも申請フォーム

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ようこそ!お越しくださいました

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

リンク

FC2ブログランキング

よろしければクリックお願いします

いい出会いがありますように!

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-